サウンドサプリメント

睡眠に効果あり?!クラシックは安眠効果を期待できるの?

ストレスや緊張感のせいで夜眠れないときに、あなたはどんなことをしていますか?無理やり寝ようとするほど逆に目が冴えてしまうことがありますよね。

そういう時には音楽を聴いてリラックスしてみるのはどうでしょうか?

音楽を聴くだけで睡眠を誘発することができることを知っていましたか?音楽の睡眠効果は科学的に実証されており、睡眠と音楽は切っても切り離せない関係があるんです。

特に睡眠効果が期待できるジャンルの音楽。それが「クラシック」です。

日本睡眠学会もクラシック音楽と睡眠については実証しています。

今回はなぜクラシック音楽の効果や効果的な聴き方について詳しく説明していきます。

クラシック音楽の効果

クラシック音楽には、右脳を刺激することで左脳を休ませてくれる効果があります。

ご存知の方も多いかとは思いますが、人間の脳というのは、左脳(言語脳)右脳(非言語脳)に別れています。

普段過ごしている時は、左脳を主に使っている状態なのです。ですので、左脳は右脳よりも疲れてしまうことが多く、休息しないことが続くと、脳の思考力は低下します。

この左脳を休ませるためには、右脳を刺激することが重要となってきます。クラシック音楽を聴くことにより、右脳を刺激し、左脳を休ませることができるのです。

アルファ波が出てくる

クラシック音楽は、アルファ波という脳波を引き出す効果があります。

このアルファ波が出ている状態は、リラックスして精神的に安定している状態です。

アルファ波は、「1/fゆらぎ」という周波数により、発生するのです。

例えば、自然現象ですと、、川の流れの音や海の波の音もそれに当てはまります。クラシック音楽にも、この「1/fゆらぎ」を発生させる効果があるのです。

そのことにより、リラックスした状態を作り、睡眠の質も向上させるのです。


このようにクラッシック音楽というのは、脳に直接働きかけることによって、リラックスした状態を作ってくれるのです。