サウンドサプリメント

睡眠に効果あり?!クラシックは安眠効果を期待できるの?

皆さんサプリメントといえばまず何を思い浮かべますか?

多くの人は食品のサプリメントを思い浮かべると思いますが、実は音楽もサプリメント効果があると考えられます。

ここで定義するサプリメントとは健康な生活を送るための栄養と定義します。

音楽は人の脳に直接働きかけ、自律神経の調整したり感情や情緒を安定させる効果があるのを知っていますか?

その結果、臓器を安定させ血液の流れをよくし健康な身体にしてくれる効果が期待されます。それは薬ではないですがサプリメントと同様の効果があると考えられます。

クラシック音楽に含まれる1/fゆらぎという波長が自律神経を調整し体調を整える

クラシック音楽には「1/fゆらぎ」(水や川のせせらぎのリズム)という周波数を多く持っています。

この周波数はアルファ波を誘発させ高いリラクゼーション効果をもたらします。

アルファ波が出でいる状態は非常にリラックスした状態になり交換神経と副交感神経のバランスが良くなり深い睡眠に入りやすい、リラックス効果によりストレスが軽減され美肌になるなど体調が改善する効果が期待できます。

気分が安定することで体内の環境を変える

音楽を聞くことによって気分が変わることはあると思います。

気分が変えることで体内にどれくらい影響を与えるかという興味深い実験があります。独立行政法人 理化学研究所 医学博士片岡洋祐氏監修の「涼感」という商品があります。

それは主観的気分調査システム『KOKOROスケール』という、安心感や不安感、ワクワク感、イライラ感などの気分尺度を横軸および縦軸にした4象限マトリクスに数分ごとまたは数時間ごとにそのときの気分を示す位置に点を打っていき点と点の間の直線や曲線で気分指数を表したものですが。

『KOKOROスケール』を用いて様々な種類の自然音や涼感をもたらすサウンドを比較・徹底調査し、その中から厳選された8つの『涼感』サウンドが収録されているものです。

これは気分から体内から変えるというアプローチとも言え、音楽が健康生活へ通じるサプリメント効果になるというもうひとつの可能性だと考えられます。