サウンドサプリメント

音楽を聴くとやせることが判明!

皆さんクラシック音楽がダイエットにおすすめなのはご存知でしょうか?

食べ物を我慢するダイエット、つらいですよね...どうせなるラクして痩せたいものです。

巷では音楽を聴くだけで痩せるという「モーツァルト・ダイエット」が流行りはじめているそうです。

実際にはどうなんでしょうか?モーツアルトを聞くだけでダイエットに本当に効果があるのでしょうか?

モーツァルトでなぜ痩せるの?

モーツァルトの音楽の周波数(3500~4200ヘルツ)にあるそうです。

癒しの効果があると言われている「1/fのゆらぎ」(よく聞くけど、イマイチわからない)が、モーツァルトにあることは有名ですが、どうやらその周波数は、癒しだけに留まらず、ダイエットにも効果があるようなのです。

セロトニン分泌

ダイエットにはストレスがつきものです。空腹感によるイライラ、効果が現れないことに対する不満・・・多くの人がストレスが原因で、食べ過ぎてしまったり、運動をやめてしまったり、ダイエットを失敗しています。
セロトニンにはストレスを減らし、リラックスさせる効果があるので、音楽を聴いてセロトニンの分泌が促進されると、ダイエットの大敵でもあるストレスが軽減できるのです。

セロトニンが食欲を抑えてくれる

セロトニンは満腹中枢を刺激する脳内物質です。そのため、セロトニンの分泌が盛んになると、食欲が抑えられ、食事の量が減らせます。慢性的なストレスがあると、セロトニンの分泌が減少します。そのため、食欲が抑えられなくなり、過食になってしまいます。慢性的なストレスによるドカ食いも、このセロトニンが影響しているのです。

痩せる音楽とは?

食欲がなくなる音楽といえばスローテンポを思い浮かべる方もいると思いますが、実際に食欲がなくなる音楽はアップテンボの曲を聞くと食欲がなくなるみたいです。

当サイトではヨハン・ シュトラウス2世が1858年に作曲したトリッチトラッチポルカなどをおすすめしています。

最後に

クラシック音楽が体に及ぼす影響に着目して、体調や気分によって音楽をセレクトしている当サイトです。

音楽を聞くだけでは寂しいかたは、プーアル茶などをお供に気分を落ち着かせてみてはどうでしょうか?

プーアル茶は重合型カテキンという成分。これは脂肪の吸収を防いだり、脂肪の分解を促したりしてくれる効果があります。カテキンにも似たような効果はありますが、重合型カテキンは腸での吸収を直接防ぐように働くため、より強いダイエット効果が期待できるのです。